沿革
昭和44年1月創業。ヘルメット内装加工 開始
昭和50年11月進和化学工業有限会社を設立 資本金1,000,000円
射出成型機によるヘルメット製造及び合成樹脂による内装の開発、製造を開始
昭和51年9月増資(第一回)資本金11,000,000円
昭和52年3月労働安全衛生法による労働大臣指定型式検定代行機関
財団法人産業安全技術協会の形式検定に合格
昭和53年12月型式検定21機種取得
昭和54年3月国家公安委員会の型式認定(停止標示板)
(道路交通法施行規則第39条3の規定による)
7月EH型 型式検定合格
9月有限会社を株式会社に組織変更 代表取締役 並木敏夫
増資(第二回) 資本金25,000,000円
昭和58年1月増資(第三回) 資本金50,000,000円
FM-5型(消防用)型式検定合格
9月成形工場増設(帽体収納自動ラック)
昭和62年2月新事務所及び成形工場(内装)完成
昭和63年10月SS-66型 型式検定合格
平成1年9月射出成型機 550t設備
平成2年8月SS-88型 型式検定合格
平成3年7月検定規格がISO規格と同じになる
11月SS-88-1型 新規格による型式検定合格
平成5年8月SS-12型T-P式 型式検定合格
11月水産物に関する部材の販売を本格化する
平成6年11月自動出入庫システム倉庫完成(ムラッテク製)
平成7年7月温室完成(休憩室)
11月射出成型機 100t設備
平成8年4月製版及びマーク加工工場 増設(407㎡)
12月代表取締役社長 星野洋司 就任
平成9年1月SS-13型 型式検定合格
3月80tNo4号機 横走行ロボット 設備導入
平成10年6月射出成型機 450t設備
平成11年8月SS-15型 型式検定合格
11月射出成型機 100t設備
平成12年9月射出成型機 100t設備
10月射出成型機 280t設備
12月SS-16V型 型式検定合格
平成13年7月立形マシニングセンター設備
9月射出成型機 100t設備
平成14年3月SS-17F型 型式検定合格
10月射出成型機 280t設備
平成15年3月ゲートカット・梱包機設備
10月インクジェットプリンタ JV3導入(製版)
11月射出成型機 FN1000(80t)導入
平成16年7月新型 通気孔付きヘルメット
SS-66H型S-62-P式・SS-18V型S-18T-P式RA 検定取得
平成17年7月既設自動倉庫在庫管理(ソフトウエア設備)
平成18年3月売上・仕入業務管理基本システム設備
平成19年2月射出成型機NET110-9E H111049導入
12月折り畳み式ヘルメット (株)イエローと共に商品化した「TaTamet(タタメット)」検定取得
平成20年6月代表取締役 並木康孝 就任
9月SS-19型T-P式RA 検定取得
平成21年11月SS-21型 型式検定合格
平成22年3月TZ(タタメットズキン)検定取得
12月カメラによる検査システムの導入
平成23年10月インクジェットプリンタ JV33-130導入
平成24年8月新組み立て工場兼倉庫完成
10月SS-19V型 型式検定合格
平成25年7月SS-22FSV型 型式検定合格
SS-23V型 型式検定合格
9月SS-01型 型式検定合格
SS-02型 型式検定合格
平成27年4月代表取締役 社長 花岡成明 就任
平成30年3月新倉庫完成
Loading...